花巡り山行 8月

         越後 平 ケ 岳 と 越後駒ケ岳 前夜発H19.8.24〜26

 越後のニ座を登ってきました。銀山平の伝之助小屋に泊まって中ノ又林道からのピストンコースで皇太子殿下も歩かれたという道でした。
 さすがに奥深く遠い山のため登山者も数えるほどで、心洗われるような本来の静けさに感動した山行だったのです。できうれば花のシーズンにも再度訪ねたいものですが・・ 

頂上近くの姫ノ池越しに見る平ケ岳2141m
多くの池塘を従えて自然の造形岩、卵石

 

何と一週間前に京都の知ってる方が京都北山
でお馴染みの看板をつけていました。
左から八海山、中ノ岳、越後駒ケ岳の越後三山
右には荒沢岳のピークも見えます。
尾瀬の至仏山、手前は景鶴山もすぐ近くでした。 左奥に尾瀬の燧ケ岳も見えました。

 

池塘周辺にはモウセンゴケが大群生です。 イワショウブも咲き、若い果実もいっぱいです。
オヤマリンドウが盛りでした。ミヤマリンドウも多い ハリブキの実も赤く化粧直しでした。

 続いて越後駒ケ岳です。こちらは枝折峠からのピストンコースで、軽快な登山道を長時間尾根歩きでしたが、小ピークが連なり結構歩き応えのあるコース取りでした。
 山はもう秋で頂上直下にはシラネニンジン、キンコウカなどのお花畑がまだ残ってはいましたが、総じて単調な山でとりたてて特徴ある山とは感じませんでした。

越後(魚沼)駒ケ岳2003m、左奥は中ノ岳
越後駒ケ岳の頂上は山名札等で賑やか、でも狭い

 

直下の笹薮にはアオヤギソウが咲き残っていた。 駒ノ小屋付近にはハンゴンソウの群落がある。

 ホームヘ

 

花巡り山行 8月

北ア 笠 ケ 岳 H19.8.16〜19

 稜線に続くお花畑と槍穂連峰の展望で知られる穂高連峰の西に位置する笠ケ岳へ登頂してきました。噂にたがわずすばらしい展望と随所に広がるお花畑に大満足の夏山が過ごせました。

 笠ケ岳への登山道はクリヤ谷、笠新道、弓折岳から抜戸岳を通る稜線の3本のルートがあるが、クリヤ谷と笠新道は登りがきつく、とりわけクリヤ谷は訪れる人も少ないようです。
 今回は最も一般的な鏡平から弓折岳、そして抜戸岳から笠ケ岳を目指してお花巡りで楽しみながらののんびり登山となりました。
 そうはいいながら、偶然知り合いが20人引き連れて笠ケ岳からクリヤ谷を下るのに出会い、びっくりするやらその君を見上げるやらでした〜

 それにしても笠新道の長い下り道には閉口してしまいました。さすがにバカ尾根といわれるだけあり、こんな道は決して登りには使いたくありません・・・。
 でも多くの登り人がいたのにはびっくりものでしたが、聞けば関東方面の方は時間短縮となるためあえてこのコースを利用されているようとのことでした。

稜線漫歩の先には2898mの笠ケ岳、右奥は白山
笠ケ岳山荘前から日の出前に槍穂高連峰のシルエットが浮かび上がる・・
雲海では手前より焼岳、乗鞍岳、御嶽山が頭を上げる。
左から北ノ俣岳、黒部五郎岳、薬師岳が鮮やかでした。右奥には剣も・・
杓子平のお花畑にはこのイワショウブが乱れ咲いていました。
他にも数え切れない高山植物が賑やかでしたが、とても撮る間がなかった
のが悔やまれました。もっとも初見花は見つけられなかったのですが・・涙;;

 ホームヘ

 

 

 花巡り山行 8月

 北ア 八方尾根から唐松岳 H19.8.11〜13

 八方尾根の花巡りと唐松からの大展望を楽しんできました。登りの八方尾根は噂にたがわず満開の花々で八方池までは花と人ゴミの中を亀さん歩きでしたが、天上の池と呼ぶにふさわしい八方池をすぎるととたんに人の数も減って雲上の稜線漫歩でした。 

八方池と白馬三山(白馬鑓ケ岳・杓子岳・白馬岳)
画像は唐松岳からの下山時の8時20分頃で観光客の姿はほとんど見えませんでした。

 翌朝の唐松岳頂上山荘横からの日の出もすばらしくきれいに見ることができ、このような絶景も久しぶりに出会えました。

日の出時刻は5時ころ、火打ち、妙高、高妻、戸隠の南の飯綱高原あたりからでしょうか
朝焼けの唐松岳
日の出時の反対側の剣岳など立山連峰

 景色もさることながら、植物層豊かな八方尾根は北アルプスでも種類、量ともに有数で固有種も多く、気も心も和む大自然のおおらかさを心の隅々まで感じとれました。

白馬三山をバックにタカネマツムシソウ、オヤマソバ咲く ハクサンサイコも満開でした。
八方尾根特殊植物のハッポウタカネセンブリも多数咲く 白花ハクサンシャジンもちらほらと

 シモツケソウ、カライトソウなどのピンク系にチングルマ、イワシモツケの白色そしてマルバダケブキ、シナノキンバイなどの黄色系とまさに色とりどりのお花畑の連続にこの上ない満足感を得ました。見られた花々は100種近く確認できました。

 ホームヘ

 

 

花巡り山行 8月

  南ア 鳳 凰 三 山 H19.8.6〜9

 今年もタカネビランジに出会おうと鳳凰三山へ向った。とりわけ大快晴にも恵まれ花巡りと富士と白峰三山方面への大展望の山歩きが楽しめた。

夜叉神小屋前よりヤナギランの向こうに北岳(右)と間ノ岳(左)
薬師岳手前より冨士山(右手前は毛無山塊)
満開のタカネビランジ(ナデシコ科)

 夜叉神峠から南御室小屋、薬師岳・観音岳・地蔵岳を歩き、鳳凰小屋よりドンドコ沢、青木鉱泉へのルートを縦走としたが、90種近い高山植物を見ることができ、大満足の南アルプスでの夏山を堪能することができた。
 なお、出逢った一部のお花達等はここからご覧いただけます。

ホームヘ

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO